部屋にモノがあふれてしまう私にとって、部屋の掃除は大変な作業です。私は毎週末に少しでも部屋がきれいになるようにと、整理整頓を心がけて掃除をしています。そんな私は最近、掃除をする上でとても大事なことに気がつきました。
それは、不要なものや使わないものはきっぱりと捨ててしまった方がいいということです。部屋にモノがあふれてしまう人の特徴として、いらないものや不要なものを持ちすぎてしまうということがあげられます。また、そういったものをもしかしたら将来的に使うかもしれないと思って、捨てずにいることも多いです。そういった考え方こそが、部屋を汚くしてしまう一番の原因だと気が付きました。
整理整頓をする上で、いるものといらないものをまずはわけるという作業が最も大事だと感じています。部屋の大きさが決まっている以上、捨てるべきものを捨てなければ部屋の空間は広くはなりません。いらないものをきっぱりと捨てるという考え方を持てるようになれば、買い物などをする際にも、不要なものを買わないようになって経済的にも優しくなれます