不用品を捨てる時には当然粗大ごみなどを回収してくれる行政のサービスを利用することになるわけですが私の場合はまずリサイクルショップなどに持って行って売れないかどうか確認しています。その上で売れないというのであれば基本的には分解するということを考えています。分解というのは小さくすることによって粗大ごみとして捨てなければならないというわけではなくなったりするので私はメインにそれをやるようにしています。とても手間がかかることになりますから、これはそんなに時間がない人にとってはお勧めできないわけですが、時間が有り余ってる人にとってはそちらの方が良いということがあります。少なくとも私は割と自宅で過ごしている時間というのが長いのでそういうことをやるのに対してそんなに抵抗感がないということもありますからやり方として粗大ごみの捨て方はまずは分割して粗大ごみとしてそもそも捨てないということを選択しているわけです。もちろん不要品と言っても売れたりすることはあるわけですから売れないかどうかということが大前提になるなんですが、当然、売れないということも多いわけですから分解ができればそうするということを考えるようにしています。ちなみに不用品回収業者というのが民間でもそれなりに存在しているわけでそういうところにお願いするというパターンもありますし私もやっていることが何回かあります。しかし、これはお金が大分かかってしまうということになります。ですが、そのまま持っていくことができるようになりますから、とても楽ができるという点においては間違いなく素晴らしいと言えるでしょう。ですが、個人的には粗大ごみ回収の行政サービスよりも数倍はお金がかかるというのはネックであるといえますから、あまり利用することはないです。よいサービスだとは思うのですが積極的な利用というのはあまりしないようにしているくらいです。あくまで自分で捨てられるものは自分で捨てます。